崑崙八仙

どげんかせんといかん! どげんかなると思う。 どげんかなるのかな・・・・ どげんもこげんもならんかも(爆)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

やっぱ凄いわ。

さる8月の最終ぎりぎりでいってきました。
dora1「みんなのドラえもん展」
生原画やグッズが多数飾られていたんですが、自分は最初コロコロ派だったのですが
すぐボンボン派になったのでアニメは見てますが、原作は意外と読んでなかったんですよね。

さてその飾られていた原画のなかでいきなり立ち止まって見入ってしまったのは
「キれるドラえもん」です。(第5巻 ドラえもんだらけ より)
dora2
すごい!・・・ドラえもんが「やろう ぶっころしてやる」とわw
周りのお客さんもやっぱり驚いてましたww

これを見て帰りに古本屋によることになるのですが、
その原画展でチェックしたものやそれ以外にもなかなか面白い絵や話があり
「こわれるドラえもん」(第7巻 ネズミとばくだん より)
dora3
さらには
「きれいなジャイアン」(第36巻 きこりの泉 より)
dora4
などなどやっぱりすごいわ、藤子・F・不二雄!!
話のテンポやお約束やオチも絶妙。
アニメで見てるはずの話も原作だと新鮮だったりするしね。

けどやっぱり微妙な最終45巻のラストやネットで個人が流してるラストより
個人的にはこの
dora5
第6巻の「さようなら、ドラえもん」
が好きかなぁ・・・・


あれ?これ勝手に載せたら著作権の侵害?
みなさん、どうか御内密に・・・


スポンサーサイト
書籍 | コメント:2 | トラックバック:0 |

いきおいです。

これは先月号の電撃HJ誌に踊らされたものです。
MS EAR
G FOTO
コレがどうしても必要だったのか?と聞かれると全くそんなことわなくただ単に
中身を見ることもできなくて雑誌に薦められるがままに買ってしまった・・・orz


ほとんどは「フ~ン・・・」程度な感じですが中には流石に秀逸なものもあるので
まぁよかったのではないかと自分に言い聞かせているとこです。



あ、今日TVで警視庁のSITが出てたけどベレッタ使ってたなぁ
でも92Fよりフロントのバレルは短かったし、明らかに84Fとも違う・・・
なんかベレッタUSAが公安関係に送ったって噂の92Gってやつだったのかなぁ・・・

書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長かった・・・

gff

今週でやっと全150巻?揃えました。
ディアゴスティーニ「ガンダム ファクトファイル」!
ざっと計算すると最初の1号だけ100円で後は560円だから
100+560×149=83540!!
うげぇ!こいつに3年で8万以上も突っ込んでいたのか・・・

我ながらアホちゃうか・・・

しかしこれでやっと終わりかと巻末を開くと・・・
なにぃ!来週の総索引号でホントのラストだとぉぉぉ!!

なんかイタチの最後っぺをかまされた気分だ・・・orz




書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あ、間違えてた・・・

hon

ツタヤにDVDを返しに行ったついでに本コーナーへ。
あ、電撃HJでてる。あとはいつものガンダムファクトファイルと
単行本はっと・・・お!トライガン久々の新刊。
さらにロト紋もでてる。
「お会計2750円になります。」
? 少し高いような・・・電撃のオマケのせいかな・・・

家に帰ったらアラ不思議ガンダムファクトファイルを買った
つもりがいつのまにか「エヴァンゲリオン クロニクル」に!!

あ!確か段違いで並んでて、ガンダムを後ろからとったときだ!
少しでも綺麗なのがいいので癖で後ろからとったのが悪いのか、
取って確認もせず電撃に重ねてレジにだいたのが悪いのか、
               ↑多分コッチ。

少しがっくりです。
慣れない仕事で正直疲れてもいますし、今週末は
休みなしの棚多し・・・・
入った時期が100%ハズレなのは間違いない・・・

オマケに今月の電撃の記事でレプラカーンの早期レビューが
載ってるぅ!あまりのかっこよさにヘコむぅ・・・
模型も早く仕上げたいけど色を探しに行く暇がない・・・
だって近くにないんだもん!
昔(約20年前)は専門店も2軒はあったのになぁ
書籍 | コメント:2 | トラックバック:0 |

18年ぶり

e

昔からプラモの箱絵が好きで、それだけで画集とか
メディアワークスとかバンダイさんあたりが出して
くれないかな~と漠然と思いながらここ何年か過ごしてました。
箱絵でも一番好きなのはMGでわない旧1/100の
νガンダムの絵です。高校美術部時代油専攻だったので
ああいう雰囲気が大好きなんです。

しかぁし!その時代もっとも自分に衝撃を与えてもらったのは
ドラゴンと戦っているダンバインの絵でした。
それを模写した高1の時の稚拙なモノが上のです。

それから時が過ぎ、その原画もなくし何に載っていたかも
忘却し、最近になってプラモの箱絵とか原画とかで
なんか画集ないかなぁと検索していると
ネタは違うがタッチが似てる・・・
表紙は昔の戦車とか零戦とか戦艦ばかりだけど・・・

んでレビューをよく読むと主な収録作品として
マクロス?ザブングル?!ガンダム!ダンバイン!!

も・・・もしやこれは・・・!!!

それこそが1935年生まれ(戦前!)写実派ミリタリーアートの
第一人者「高荷義之」先生の画集
「ワンダーアート タカニスタイル」だったのだ!!

早速、ヤフオクで検索。おっ!二冊出てる!
ギリギリまで待って2000円でGET!(定価4800円)

そしてついに我が手に!あああああ載ってるぅぅ!!
ダンバインだぁ!(よくみるとサーバイン)
コレコレこの絵です、ずっと探してたのは!
ちゃんとνガンダムもあるぅ!
え?!イマイのマクロスシリーズの箱絵もこの人だったの?!
もう宝物です。

ちなみに2002年初版そりゃ昔探してもないわけだ・・・


あ、ダンバインの絵は当時の「月刊ニュータイプ」の
付録ポスターでした。謎がひとつ解決しました。
書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。