崑崙八仙

どげんかせんといかん! どげんかなると思う。 どげんかなるのかな・・・・ どげんもこげんもならんかも(爆)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

色がつ。

repasi

使ってたエポパテ(タミヤの高密度タイプ)が切れてしまったので
予備で買っておいたヤツ(タミヤの速硬化タイプ)に
切り替えたんですが、固まんの速っ!
まずコネて何等分化して一個づつ盛ってってたら、最後の方は
硬くて形にするのに少し苦労しました。
もともと完成図があるわけでもなく、イメージだけで
やってるので、盛りながら刻々と変わっていくと気がつくと
固まってる・・・・
これわかなり小出しにしながらやらないと難しいですなぁ。

高密度タイプは白くて色も違うし(百均のは灰色だったなぁ)。
でも色塗るから関係ないか。
慣れればこっちの方が固まるのが速いから作業性も
イイのかもしれない・・・

今んとこ右足だけだと、なんかガリアンっぽいかも。
スポンサーサイト

模型 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<表面侵食率約20% | ホーム | 途中経過>>

コメント

うんうん! 正しいオーラバトラーの楽しみ方です!
MGダンバインやったときの楽しさを思い出してしまいました。
しかし、かっこよくなってきたなぁ・・・。
あとは、表面処理+塗装も今からイメージした方がよいかも。
ザラザラ甲羅なのかツルツルベッコウなのかを考えて処理していくことも
たのしみのひとつですねぇ・・・。
実際の動物を参考にするのが吉。

でわでわ。
2006-07-13 Thu 18:29 | URL | SHU [ 編集 ]
実際の動物かぁ。なるほど。いいこと聞きました。
レプはスズメバチでしたっけ?
早速、一昨日ヌっころした彼奴を観察しようかな。

それか別の甲殻生物も参考になるかもですね。

塗装・・・朱色と紅色と考えてますが、いかんせんエアブラシがない。
同系色をなんとかスプレー塗りわけ、筆で修正になるかなぁ。
そんな都合のいい色あるかなぁ・・・
2006-07-14 Fri 02:58 | URL | 主水 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。